2015年06月01日

【前衆院議長・元官房長官の町村信孝さん死去   総理になれなかったサラブレッド】


北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

北海道5区選出の衆議院議員・町村信孝(まちむら・のぶたか)さん(70歳)が1日午後2時15分、脳こうそくのため東京都内の病院で死去した。
早くから「サラブレッド」と言われた自民党の重鎮だが、北海道初の総理大臣にはならずに生涯を閉じた。
ご冥福をお祈りいたします。

1944年10月17日に父・町村金五さんの赴任先の静岡県沼津市で生まれる。都立日比谷高校から東京大学経済学部卒業。
1969年、通商産業省(現・経済産業省)に入省。1983年、第37回衆議院総選挙に旧・北海道1区(定数5)から39歳で初当選(2位、得票数17万1814票。トップは竹村泰子さん)。当選12回(2009年の第45回総選挙は比例復活)。右派。
初入閣は、1997年に第2次橋本内閣での文部大臣。外務大臣・官房長官などを歴任。
2006年、清和会会長(町村派)に。2012年09月、の自民党総裁選挙に立候補(5人中4位。1位は同じ派閥の安倍晋三首相)するが、09月18日に体調不良で入院。同年11月に脳梗塞が見つかる。

2014年12月に衆議院議長に就任したが、脳こうそくのため今年04月21日に辞任していた。



政治家の家系で、父は戦前の官選知事、警視総監、戦後は北海道知事(3期、1959年〜1971年)、前後して衆参両院議員を務めた町村金五さん。1973年、第2次田中内内閣で、自治大臣・北海道開発庁長官。北海タイムス会長を務めていた時期もある。

父方・母方(貴族議員)の祖父とも政治家。祖父の町村金弥さん(1859年生)は、札幌農学校(現・北海道大学)の2期生で町村農場を経営し北海道酪農の礎をつくった人物のひとりで、北大博物館に功績を紹介する展示がある。

公設秘書を務める娘さんがいる(現在形か不明)。
雑誌の編集をしているときに、町村事務所に電話をしてホームページの顔写真を使ってよいか承諾を求めたら、事務所に写真を取りに来てくれと言われた。
ちなみに北海道には衆院の小選挙区は12あるが、ホームページの写真では駄目と要求したのは、ただひとつ町村事務所だけだった。ある意味さすが。

町村信孝さん自身は「世襲はしない」と言っていた時期もあるが、政権が自民党に戻り世襲議員に対する風当たりもひと頃ほどではない。
補欠選挙はどうなるか?

「弔(とむら)い合戦」には、日本人(海外は知らないが)は、めっぽう弱い。



北海道では、故中川昭一さんの妻だった、禁煙の病院でタバコを吸ったり、路上キスで有名になった中川郁子さん(衆院<北海道11区選出>)ら、地方政治家を含めまた世襲議員が増えつつある。

町村さんと同じく自民党の重鎮で、やはり父が政治家だった加藤紘一・元衆院議員は落選後の娘さん加藤鮎子さんに世襲させて、当選している似たような例がある。

(了)



posted by びとう さとし at 20:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 石狩管内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。