2015年06月14日

【札幌には「大通り公園」はない   校閲的考察】


北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

毎日新聞のネット上の記事に 「YOSAKOIソーラン:跳ぶ、跳ねる…演舞力強く 札幌」2015年06月13日 21時53分(最終更新 06月14日 09時42分)に誤りがあった。

<札幌市で開催中の第24回YOSAKOIソーラン祭り(同祭り組織委員会など主催)で13日、第1次審査を兼ねたパレードが中央区の大通り会場であった。(後略)>【高野玲央奈】(さん)

記事には、「大通り会場」とある。間違いだ。「り」は送らない。
札幌の地名は「大通」であって、「大通り」ではない。

ただ、「大通」と「大通り」の違いはややこしい。

名古屋市の久屋大通は、「り」がつかない。

一方、横浜市の日本大通りは、「り」がつく。
広島市の平和大通りも、「り」がつく。

もともとは、「大きな通り」という意味でつかわれていたのが、固有名詞化されて、「大通」「大通り」になったわけだ。
揺らぎはあるものの、札幌の場合だと、「大通」に統一されている。

しかし、札幌でも「大通り公園」と記述する無頓着な市議がいたり、医療関係などの固有名詞には「大通り〇〇」というのもあるのも事実。

地名は、知的所有権としての価値が高いものだから、厳密に記述するに越したことはないと思う。

たとえば、ひらがなにすると「こいのまちさっぽろ」という石原裕次郎さんが歌った往年(1972年)の名曲がある。
「恋の街」なのか「恋の町」「恋のマチ」なのか、「札幌」「サッポロ」「SAPPORO」なのかは、大きな意味を持つ。

私の住む小樽には、「小樽のひとよ」というご当地ソングがあるが、「小樽の人よ」や「小樽の女よ」では、ダメだと思う。

地名にしろ、楽曲の題名にしろ、原典に忠実であることは大切で必要なことだ。

◆ユーチューブ>「恋の町札幌」
https://www.youtube.com/watch?v=yojEE4dJvkI

(了)



posted by びとう さとし at 21:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集中記/校閲的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ネットで見つけた3人の町村信孝さんの思い出   鈴木宗男さんは死去から間を置かない後継選びを嘆く】


北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

町村信孝さんとは父親同士が無二の親友だったという天川由記子さんは、長年にわたって家族ぐるみのお付き合いをしていたそうです。
(天川さんの父親は海軍大学校教授だった天川勇さん。1980年前後に国政情勢の勉強会を開いていたという。町村さんの父・金五さんは戦前、内務省官僚を務めていた)

>まだ、町村氏が新人議員のころですが、マスコミ仲間が音頭をとって、町村さんとの月一勉強会を開催。何年継続したかは覚えていませんが、数年間、やっていました。 私も仲間に誘われて、参加していました。 毛並みの良さ、頭の良さから、清和会のなかでも、将来の総理候補といわれた、エースのひとりでした。

◆天川由記子Blog>「町村信孝氏の思い出」
http://ameblo.jp/yukiko-amakawa/entry-12034326132.html

天川さんが、町村さんのお通夜へ行っての「いまいち」だった感想も書いておられます。
◆天川由記子Blog>「葬儀屋選び」
http://ameblo.jp/yukiko-amakawa/entry-12036092103.html



自由民主党職員だった田村重信さんのブログです。
◆ブログ「たむたむの自民党」>「偉大な政治家・町村信孝先生との思い出」
http://tamtam.livedoor.biz/archives/52018112.html



鈴木宗男さんの「ムネオ日記」です。

6月2日(火)
>昨日17時過ぎ、町村信孝代議士が亡くなったと連絡を受ける。
 31日、東千歳駐屯地で陸上自衛隊第7師団の記念式典で秘書の和田義明(町村氏の次女の夫)秘書に、町村信孝氏の容態を伺ったところ「近々退院出来ることになりました」とのことで、それは良かったと話したばかりなので突然の訃報に驚く。
 町村氏とは昭和58年(1983年)12月18日投開票選挙の同期当選である。
 あの時、町村信孝氏39歳、中川昭一氏30歳、私が35歳で北海道三羽烏と言われたものである。

6月3日(水)
>町村信孝氏が亡くなって一日も経たない内から自民党北海道第5選挙区支部(町村信孝氏の選挙区)は、町村氏の後継について動き出している。
 水面下で判らないようにするならいざ知らず、告別式も済んでいないのにあからさまに表だって行動するとは何と言うことか。人の道を知らない人達に選ばれる候補者も戸惑うのではないか。

>「倫理感・道徳感のないやり方、行動に腹が立ちます」「衆議院議員と言う公の立場は町村家のものではありません。私有財産と思っている人達に憤りを感じます」と言った声が寄せられる。こうした声を全うな人の思いと受け止めたい。

◆「ムネオ日記」>「2015年06月」
http://www.daichi.gr.jp/diary/diary_2015_06.html



こういうのもありました。
◆日刊ゲンダイ>「町村氏「訃報」後の言動で分かった 安倍首相のゾッとする冷血」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160501/3

(了)

posted by びとう さとし at 09:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 石狩管内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。