2015年06月21日

【編集中記(デッドラインレス)その3/写真テスト(美瑛・四季彩の丘)】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

【編集中記(デッドラインレス)その3/ 写真テスト】

そろそろ、くだもの狩りの季節だ。
元が取れそうもないので、嫌いである。
サクランボでもイチゴでも、なっているのを見ているだけで、食べる分は別に買った方がいいように思う。
殺風景な人間ってことか。

食べられなくても花や植物を見ている方が、個人的には好きだ。

週末から花フェスタがあるので覗いて来ようかな。

<写真テスト>(北海道美瑛町の「四季彩の丘」)
IMG biei _0142.JPG

◆四季彩の丘HP
http://www.shikisainooka.jp/index.html

★色彩のブルース★エゴラッピン
https://www.youtube.com/watch?v=WI8xGSbbMSM

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店



posted by びとう さとし at 14:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集中記/校閲的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【27日から特別展「夢見るフランス絵画」 道立近代美術館】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ
 
【27日から特別展「夢見るフランス絵画」 道立近代美術館】

北海道立近代美術館(中央区北1西17)は27日(土)から、特別展「夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ」を開催する。8月23日(日)まで。
全国巡回展。主催は、道立近代美術館・北海道新聞社・テレビ北海道。
当日観覧料は一般1300円、高大生700円、中学生500円。

国内のある収集家のコレクションから、16作家の絵画71点を展示する。
企画協力に神戸新聞社が加わっているので、おそらく関西の収集家が所蔵するコレクションのようです。

作家別では、印象派はルノワール7点、モネ4点、セザンヌ2点、シスレー2点、ボナール1点、マルケ1点、ヴラマンク10点、ルオー6点、デュフィ2点、ドラン2点。

「エコール・ド・パリ」(パリ派)の作家では、キスリング7点、藤田嗣治6点、シャガール4点、モディリアーニ2点、ユトリロ11点、ローランサンが4点。

初日27日(土)に、成城大学名誉教授、広島県立美術館館長、本展監修者の千足伸行さんの講演会「フランス絵画の黄金時代:印象派からエコール・ド・パリへ」がある。

◆テレビ北海道>「夢見るフランス絵画」(動画CM)
http://www.tv-hokkaido.co.jp/special/201503france/

◆北海道新聞社>「夢見るフランス絵画 作品紹介」
http://event.hokkaido-np.co.jp/yumemiru/works/index.html

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店


posted by びとう さとし at 09:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飲酒運転事故をなくすにはどうしたらいいのか   小樽市・砂川市と続く死傷事故】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

【飲酒運転事故をなくすにはどうしたらいいのか   小樽市・砂川市と続く死傷事故】

日本の交通事故死に占める飲酒事故の割合は、諸外国に比べると少ない。
とはいえ、飲酒による交通事故は許してはならない。

交通事故は、ドライバーが安全運転を心がけていても起きる時には起きてしまう。
まして注意力が大きく落ち、運転能力も減退してしまう飲酒運転は、事故を呼び込む行為といえるから根絶しないといけない。

この6月、砂川市の国道12号で、4人が亡くなった痛ましい飲酒による交通事故があった。
昨2014年7月にも小樽市銭函の市道で3人が亡くなった飲酒事故があった。
それぞれの事故は、意識不明の重傷者1人も出している。

北海道の飲酒運転事故は、非常事態にあるといえる。

全国規模でみると、飲酒死亡事故の死者数は2004年の712人、2010年の290人、2014年の227人と減っている。危険運転致死傷罪など法の厳罰化が効果を上げているといえる。

以前は「ちょっとくらいなら」と飲酒に寛容なところがあった。スーパーなどでもビールの試飲などをしていた時代は10年くらい前のこと。
社会の飲酒運転に対する目が厳しくなっているのも飲酒事故減少へプラスの作用をしていると思われる。

北海道の飲酒運転による事故の死者数は、2010年に13人(人身事故223件)、2011年に13人(222件)と下げ止まるどころか、昨年は19人と増えている。昨年の19人(186件)は47都道府県で最悪の数字である。

飲酒運転の根絶は、結局のところハンドルを握るドライバーの心がけによるところが大きい。

「北海道交通事故被害者の会」や「北海道大学アルコール問題対策委員会」などが飲酒運転撲滅北海道条例の制定を求める運動をしている。

47都道府県のうち7県が飲酒運転撲滅条例を制定している。2009年時点では4県だった。
飲酒運転撲滅の条例化を図ることにより飲酒事故を減らせるのなら、一日も早い制定が望まれる。福岡県では、条例化で効果が出ているという。
反面、沖縄県では条例制定後も飲酒運転の事故率は高い。

◆北海道HP>道民生活課>「根絶!飲酒運転!!」
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/kat/contents/insyu.htm

◆警察庁HP>「みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」」
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/insyuunten/index.htm

関連◆「「飲酒根絶条例」制定へ  飲酒運転の死亡事故率“全国ワースト”の沖縄県」(2009年)
http://satoshi531mt.seesaa.net/article/127695361.html



【確実に減っている交通事故死者数  ピークの4分の1】

交通事故死者数は、近年直実に減っている。ピークだった1970年に比べ、4分の1までに減った。

交通事故による死者は、統計が残る1948年(昭和23年)には3848人だった。クルマ社会の到来で、死者数は1959年に1万を超え、1970年には1万6765人が亡くなった。

私が小学校に入学したのが1970年で、家の近所(札幌市<北区・区制を敷く前>北23西8)で女児の交通死亡事故があったのを覚えている。その年の夏休みに千葉県の伯父の家に遊びに行ったとき、国道と思われる大きな道路の道端に花が供えられていて、子ども心に交通事故で人が死んだのだな、とおっかない思いをしたのを覚えている。
当時は「(第1次)交通戦争」と呼ばれた。

「第2次交通戦争」と呼ばれた1990年前後を経て、交通事故の死者数は確実に減っている。
1996年に死者数は1万人を再び下回り、それ以降は減少傾向が続き昨2014年は4113人。クルマ社会(モータリゼーション)が訪れる前の時代に近づいている。

命は、掛け替えがない。
交通事故死をさらに減らす取り組みが続く。

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店


posted by びとう さとし at 09:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。