2015年06月25日

【小樽市議会は空転解消も混迷深まる   公明の秋元議員が一席ぶつ】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

IMG_1727-2.jpg
【写真説明=一般質問する秋元智憲議員。後方は横田久俊議長】

【小樽市議会は空転解消も混迷深まる   公明の秋元議員が一席ぶつ】

25日の小樽市議会は、午後4時すぎに始まった。
冒頭、市長と議長が発言をして、いったん折り合いをつけた。

残り4人の一般質問があった。
4番目に登壇した公明党の秋元智憲議員は、開口一番、市長をたしなめる発言をした。

「私の質問時間ではありますが、これまでの経緯もあり、市長との信頼関係が失われた以上、だれに向かって質問すればいいのかと、そのような思いから一般質問を行わないとの考えに至りましたが、会派から『理由はどうあれ、市民のためには質問するべきだ』との説得がありました。本日、通告通り質問することとしました。

一般質問に入る前に今回、会派代表質問1日目から本日までの市長の議会に対する対応について一言(いちごん)申し上げておきたいと思います。」

「そもそも事の発端は、議会運営委員会で認められなかった発言を市長が勝手に発言したことであり、議運で一部発言を認められなかったことを市長に伝え、『その点についても理解していた』と話す市長の発言に総務部長すら驚いている状況です。市長の取った行動はまったく理解ができません。適材適所と言われた人事でしたが、市長=総務部長の連係すら不十分なのであるならば、先が思いやられます。

市長は今定例会で再質問・再々質問で答弁漏れが多発し、謝罪しておりますが、これまでの山田市長・中松市長であれば、しっかり答弁するためにメモを取っておりました。きのうまで森井市長はほとんどメモも取っていなかったと記憶しております。

市民の代表として負託を受け真剣に議論する議員に対して、その姿勢は極めて失礼であり、
市民さえも愚弄(ぐろう)するものであります。市長といえども許されるものではありませんし、はなから各議員の質問に真摯(しんし)に答える気持ちなどなかったのではないでしょうか。

こんなことを繰り返せば市政は停滞し、市民生活に影響が出るのは明らかであります。
市職員には、『市民から信頼される職員に』と言っておきながら、行政の長たる市長が議会から信頼されなければ、まったく示しがつきません。

市長が本日の会議冒頭でも、昨日のご自分の発言について弁明しておりますが、議長からもありました通り、信頼関係があってこそ初めて成り立つのが議会――だということを改めて認識していただきたいと思います。
これまでの市長の姿勢に対して反省を求めるとともに、今後このようなことが繰り返されないよう、また市長自ら議会との信頼回復のために努力することを強く要望いたします」

これくらい言ってくれると、議会から目が離せない。
秋元議員の発言は正論だと思う。(私は創価学会とその政治支部の公明党は嫌いだが)

この発言に、たしか議席番号20番の議員が文句をつけたが、横田ひさとし議長の「是」とする判断も納得できる内容だった。

20番は共産の小貫元議員だが(番号を聞き間違えていなければ)、秋元議員の発言をどう聴いたのか知りたいものだ。マイクがハウリングしていて、発言内容が聞こえなかった。



森井秀明市長の問題の発言は、議員の再質問のときにゆっくり話すように求めた発言。ネット傍聴席で見ていて、とても違和感のある発言の調子(トーン)だった。トゲがあった。

森井現市長が指摘するのは安斎哲也議員のことだと思う。代表質問で安斎議員は、「早口になるかもしれない」とたしかに言ったが、それは半分謙遜しての発言だったと聴こえた。

森井さんは、自己の謝罪をするはずが、無実の共犯者みたいのを連れて来て、そっちに責任転嫁するという姑息な手法を使った。

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店



posted by びとう さとし at 22:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【共産党さえも助演する道議会の「三文学芸会」   共産・真下議員は再々質問も原稿読み】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

【共産党さえも助演する道議会の「三文学芸会」   共産・真下議員は再々質問も原稿読み】

24日の小樽市議会は、長い休憩に入ったので、道議会の本会議を覗いてみる。

共産党の真下紀子(ました・のりこ)議員が代表質問をしていた。

真下さんは、早口でまくし立てて原稿を読んでいる。がなり立てている感じで。ちょっと怖い。鬼気迫ると言ったらいいのか。
質問が終わり、知事の答弁となる。

高橋はるみ知事は、真下議員とは対照的に、ゆっくりと噛みしめるように、話す。聞き取りやすい。こちらも用意した原稿を読んでいる。

元総務大臣で前鳥取県知事にして自治省(現総務省)OBの片山善博さんのかなり前の発言「(事前に質問と答弁の原稿を用意している)地方議会は学芸会だ。なかでも北海道議会が1番ひどい」という趣旨の言葉を忘れたのでしょうか。それとも「働かない議会」の伝統を守るのでしょうか。
高橋知事の答弁が終わりました。

真下議員の再質問です。
再質問とは最初の質問に対する回答(答弁)に、不満が残りさらに聞きたいために行う。
何と真下議員は、再質問も原稿読みですか。がなり立てても迫力は、もうないですね。
知事とグルになって、三文学芸会芝居を打っているんですからね。

しかも、再々質問も原稿読みですか。



私は、前期の真下さんのひとりから今30期4人に増えた共産党さんには期待をしています。本当です。
ただ、議会の悪しき慣例は打破して、より民主的で自由闊達(じゆうかったつ)な議論ができる議会にしなければ、共産党員でもないのに共産党に期待して投票した私のような人たちを裏切ることになります。
今のままではこれ以上の党勢拡大はないですね。

最初の質問は、まあ百歩譲って原稿を用意するスタイルでもいいでしょう。
でも、再質問で原稿を用意して棒読みしているようじゃ、まともな議会の監視はできないのではと思います。たんなるマスターベーション(自慰行為)にすぎないのではないでしょうか。

道議会で、議会の監視機能が一番高い会派(政党)は、共産党なのは間違いないところだと思います。

ならば、もっと主導権を取りつつ議会の悪慣行は、改善して党勢拡大を図りましょうよ。

他の会派にも改革を期待したいですが、改革への可能性が高いのは共産党ですから。

日本共産党大阪府議団は、府議会より早く府議団のホームページ上で政務活動費の領収書などを含めたすべての情報を公開しました。すばらしい。
その取り組みにも大きく突き動かされて、大阪府議会は7月から、政活費の会計帳簿や領収書などをネットで全面公開します。

大阪府の共産党の働きは大きいです。
北海道の共産党も頑張ってくださいね。期待しています。

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店

posted by びとう さとし at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【28日(日)は入館無料のサンクスデー   本郷新記念札幌彫刻美術館】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ
 
【28日(日)は入館無料のサンクスデー   本郷新記念札幌彫刻美術館】

6月29日の開館記念日を前にして、本郷新記念札幌彫刻美術館は28日(日)をサンクスデーとして、本館・記念館ともに入館を無料にする。
4月から開催中の展覧会「彫刻の美〜本郷新に学ぶ彫刻鑑賞」の最終日となる。

本郷新美術館は、中央区宮の森4条12丁目の閑静な住宅街にある。
記念館は、本郷新がアトリエと利用していた邸宅を改装して美術館にしている。

「第1回本郷新記念札幌彫刻賞受賞記念 谷口顕一郎展 凹みスタディ−札幌−」が7月11日(土)から始まる。

◆本郷新記念 札幌彫刻美術館HP
http://www.hongoshin-smos.jp/

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店

posted by びとう さとし at 08:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。