2013年11月12日

ごはんを食べて宮島沼のマガンを守る  自然保護協会が「自然を語る会」



 
北海道自然保護協会は21日(木)午後6時(18:00)から「宮島沼の保全再生とワイズユース 〜ごはんを食べてマガンを守る」と題した「自然を語る会」を北大クラーク会館の大集会室で開く。参加は無料。申し込みが必要。

北海道自然保護協会HPの開催案内によると、(空知の)美唄市にある宮島沼は7万羽を超えるマガンの飛来地としてラムサール条約に登録している。近年、急速に水環境が悪化しているという。課題克服に向け美唄市の地域住民を主体とした始まった取り組みや、平井時期が早まるマガン、大発生した謎のカエルなど最近の話題を紹介する。

申し込みは、電話/ファクス/メールのいずれかで。

◆一般社団法人 北海道自然保護協会HP>「自然を語る会」告知
⇒ http://nc-hokkaido.or.jp/gyoji-oshirase-index.html

「自然を語る会」は、8月から毎月1度開いていた。今回が本年度最後の開催。


(了)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村



posted by びとう さとし at 08:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。