2013年11月18日

札幌市と鹿児島市を取り持った松本市は国内にも姉妹都市をもつ 非常時の備えとなる自治体交流




札幌市は16日(土)、鹿児島県鹿児島市と観光・文化交流協定を結びました。
札幌市の上田文雄市長が鹿児島市を訪れて、鹿児島市の森博幸市長と市内の城山観光ホテルで締結式を行いました。

鹿児島市と札幌市は、歴史的なつながりがあります。明治期の開拓時代に、薩摩出身者が多くかかわっています。開拓長官の黒田清隆、サッポロビールの源流である開拓使麦酒醸造所の建設・事業責任者だった村橋久成、第2代北海道庁長官を務めた永山武四郎ら。

新幹線が札幌まで開通すると、鹿児島と札幌は新幹線の南北の終着駅と言うことになります。

また、鹿児島市の百貨店山形屋(やまかたや)で開催の「北海道の物産と観光展」は、北海道が全国で展開する北海道の物産と観光展の中で、13年連続日本一を続けているそうです。
東京や大阪などを抑えて鹿児島市のデパートが日本一になるには、何か山形屋さんに秘策があるのでしょうか。興味深いところです。
札幌では、さっぽろ東急百貨店が「燃える鹿児島『大薩摩展』」を開催しています。11月の初めにあったばかりで、33回を数えます。

観光でも文化面でも交流を深めてほしいです。

鹿児島市は鹿児島県の県庁所在地で、人口は約60万人。「東洋のナポリ」と言われているそうです。九州で4番目に大きい都市です。福岡市・北九州市・熊本市の上位3市は政令指定都市です。


◆札幌市HP>記者会見資料「「札幌市・鹿児島市 観光・文化交流協定」の締結について」(PDF)
⇒ https://www.city.sapporo.jp/city/mayor/interview/text/2013/20131114/documents/kagosima.pdf

◆鹿児島市HP
⇒ http://www.city.kagoshima.lg.jp/
◆同HP>協定書写し
⇒ http://www.city.kagoshima.lg.jp/var/rev0/0067/6771/20131116184657.pdf



札幌市と鹿児島市の協定の仲介役をしたのは、長野県松本市です。

上田市長は脱原発の姿勢を鮮明にしていることで知られていますが、松本市長の菅谷昭(すげのや・あきら)さんも脱原発の旗色を鮮明にしています。医師でチェルノブイリでの医療活動にもあたった経験をもちます。

松本市は札幌市と2010年に「観光・文化交流都市協定」を結んでいます。鹿児島市とは昨年2012年同様の協定を結んでいます。

3市長が今年8月に話し合ったのが、今回の札幌と鹿児島の協定締結につながったようです。



札幌市には、海外にポートランド(米国)・ミュンヘン(ドイツ)などの姉妹都市があります。

松本市には、海外にソルトレイクシティ(米国)・カトマンズ(ネパール)など4市の姉妹都市があります。
さらに、日本国内にも姉妹都市があるのです。藤沢市(神奈川)・姫路市(兵庫県)・高山市(岐阜県)。
そして、提携都市があります。姉妹都市と2段構えです。

姉妹都市は1971年までに結ばれています。
提携都市は、わりと最近で2008年の金沢市(石川県)が初めてで、札幌市と鹿児島市の3市です。

松本市の場合、提携都市は観光や文化などに限定されています。
姉妹都市は分野が限定されていない全方位の包括的な交流と分けて使っているのでしょうか。

鹿児島市の場合を見ると、海外の姉妹都市はナポリ(イタリア)・パース(オーストラリア)など4市です。

国内都市との関係は4市4様の呼び名で違っています。
鶴岡市(山形県)と1969年に兄弟都市盟約を結んでいます。これは絆が強そうです。戊辰戦争で、西郷隆盛が賊軍となった庄内藩(山形県)に寛大な処分をした縁がきっかけです。大垣市(岐阜県)とも江戸時代の木曽三川の治水工事が縁でフレンドリーシティ提携を結んでいます。そして、東日本震災後の2011年には、ずばり「災害時相互応援協定」を締結しています。
災害時相互応援協定を結びと言うことは、それ以前は、災害時の協力は念頭になかったことを意味するといえます。



呼び名の違いはどうであれ、提携都市である札幌市と鹿児島市・松本市は、交流を深めて、災害時などに助け合う取り組みができたらいいと思います。

札幌市の姉妹都市友好は、どちらかというと海外都市とのイメージです。
鹿児島市や松本市と、災害時に協力できる協定などに格上げして、さらに関係を密にすることを考えてみるのも良いのではと思います。

東日本大震災では、道内の自治体が被災した自治体のホームページ運営を代行したり、遠隔地からの支援をした事例もあります。

札幌市に限らず、札幌圏・北海道全域で、日本国内の姉妹都市・提携都市をつくって日頃から交流を深めておくことは、プラスの作用が大きいと思います。

(了)



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村


posted by びとう さとし at 20:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。