2013年11月23日

国際物流拠点「新千歳空港ロジセンター」着工 2015年春から分譲 北海道空港




新千歳空港のターミナルビルを運営する北海道空港(本社・千歳市美々987−22、山本邦彦社長)は19日(火)、国際的な物流拠点「新千歳空港ロジスティクスセンター」をつくると発表した。19日に着工した。
2015年3月の造成完了を目指す。翌4月から分譲する。総事業費は約20億円。
すでに引き合いが十数件来ているという。

日本経済新聞・苫小牧民報・北海道建設新聞・北海道新聞など各紙が伝えています。



「ウィキペディア」によると、【ロジスティクス(logistics)】とは、原材料調達から生産・販売までの物流を合理化する手段のこと。蛇足ながら、兵站(へいたん)を表す軍事用語でもある。



道央道新千歳空港インターチェンジの隣接地(千歳市平和)に北海道空港所有の用地45・7ヘクタールを造成して、民間企業に土地を分譲して、輸出入品の物流センターや医療関連の倉庫、専用の加工施設、国際展示場など複合的な産業集積拠点を計画している。
分譲価格は近く決定する。

建設新聞・苫民によると、用地は機能別に3地区「物流拠点機能」「空港補完機能」「平和地区全体の補完機能」に分ける。
空港補完地区には。乗客用の駐車場1,700台を配置する予定。

事業名は「仮称・千歳市平和地区開発事業」で、大林組・田中組・萩原建設共同体が造成にあたる。

千歳市から土地の開発許可はすでに得ている。



北海道空港によると、貨物取扱量は2012年度、国内分が21万3,242トン。ここ数年横ばい。
国際線の貨物量は、2009年度に3,058トンと大きく落ち込んだが、V字回復で2012年度が4,664トンを記録している。(原資料は高度交通省「暦年・年度別空港管理状況調書」)

(了)

※記事の誤りや誤字脱字などは、コメント欄あるいは下記メールアドレスにてお知らせください。
※情報などは ⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。お待ちしています。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村


posted by びとう さとし at 12:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 石狩管内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。