2013年11月25日

高橋信夫副学長が 北見工大新学長に 来年4月就任

高橋信夫 北見工大  130424-1.JPG
【触媒学会から2012年度の「功績賞」を授与される高橋信夫次期学長(右)】



北見工業大学は21日、鮎田耕一学長(69歳)の任期満了に伴う次期学長に、現副学長の高橋信夫教授(64歳)を選出したと発表した。
任期は来年2014年4月1日から4年間。
専門は、触媒化学・工業物理化学。



先日、次期学長が決まった小樽商科大学に比べると、北見工大は学長選考についての大学HPの情報量が格段に多い。

学内限定にはなっているが、学長選に出た2人の公開質疑(11月7日<木>実施)が録画(動画)で視聴できるようになっている。学内者は推薦書・所信も確認できる。
高橋修平教授と高橋信夫教授が学長候補対象者となった。



学長選挙<意向聴取>の結果
投票総数212票(有効票211票・無効票1票)

高橋信夫氏 109票
高橋修平氏  98票
白票     4票



(大学HPから)
◎高橋信夫(たかはし・のぶお)さん

1967.4-1971.3 東京工業大学工学部化学工学科
1971.4-1973.3 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻修士課程
1973.4-1976.3 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻博士課程(工学博士)

1976-1979 東京工業大学助手 理学部化学科
1979-1981 北見工業大学講師
1981-1993 北見工業大学助教授
1993 - 北見工業大学教授
2008.4-  北見工業大学理事・副学長(総務担当)

所属学会:日本化学会, 触媒学会, 石油学会, American Chemical Society, The Royal Society of Chemistry



【「学長選挙」より上位の学長選考会議】
文部科学省の大学への介入度が進んでからか、かつての国立大学の学長選挙の結果は絶対的なものではなくなっている。
学長選挙で、過半数を獲得した人が学長候補になるのが自然の流れだと思う。

北見工大の場合は、順調に1番票を集めた高橋信夫さんが次期学長となったが、選挙の結果を尊重せずにひっくり返ることもある。

現行の学長選出には、さらに上位に「学長選考会議」が存在する。「国立大学法人法」第12条に基づくこの機関が最終決定の権限を持つ。学長選挙の投票結果は参考程度の意味しか持たない。

これを大学経営の進歩と見るか、大学自治への教育官僚の介入と見るか。



たとえば山形大学。文科事務次官(旧科学技術庁出身。原子力工学修士)だった結城章夫さんが学長になった事例。
◆山形大学学長選考の経緯(2007年度と2005年)
⇒ http://yuunion.web.fc2.com/yamadai/20072005.html

たとえば富山大学。
<去る(2008年)10月から11月にかけて行われた富山大学学長選挙で、学長選考会議は2度の意向投票でいずれも2割の得票しかなかった西頭徳三現学長を次期学長候補に選出するという、前代未聞の事態が起こりました。>
◆「富山大学学長選をめぐる事実経過のご報告」
⇒ http://www1.coralnet.or.jp/kumiai/keika.html


(了)

※記事の誤りや誤字脱字などは、コメント欄あるいは下記メールアドレスにてお知らせください。
※情報などは ⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。お待ちしています。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村



posted by びとう さとし at 20:43| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。