2013年11月28日

小樽の「館」が再出発 12月15日プレオープン 小樽運河株式会社が受け継ぐ




小樽経済新聞は11月19日(火)に、今年5月に経営不振で破産した洋菓子製造の株式会社館が受け継がれ、12月21日(土)に開店すると報じています。27日(水)には、経営者の半澤範学さんを顔写真付きで続報を伝えています。
新たな「館ブランシェ」を経営するという小樽運河株式会社と経営者の半澤範学さんを紹介しています。

館で働いていた3人の職人さんが、新たな館でも再び働くという。
プレオープンは12月15日(日)。

花園銀座商店街にあった本店の喫茶室は、店外からは死角になっていて隠れ家的安息所のようで、常連の客に親しまれていた。喫茶部門が復活するかは記事からは不明。

◆小樽経済新聞HP>記事「小樽「洋菓子の館」が復活−新店名は「館ブランシェ」」
⇒ http://otaru.keizai.biz/headline/214/
 


企業向けの広報記事配信サイト「ドリームニュース」に小樽運河株式会社の記事と会社概要がありました。

小樽経済新聞HPに掲載の職人さんの写真がモノクロで、やけに演出されていた理由がわかりました。

◆ドリームニュースHP>記事「小樽「洋菓子の館」3人の洋菓子サムライ、復活劇。 北海道小樽市・小樽運河株式会社新事業部設立のお知らせ。」
⇒ http://www.dreamnews.jp/press/0000084420/



◆同HP>会社概要
⇒ http://www.dreamnews.jp/company/0000004918/
【会社概要】

商号: 小樽運河株式会社(オタルウンガカブシキガイシャ)

代表者: 半澤真奈美(ハンザワ・マナミ)

所在地:〒047-0007
北海道小樽市港町5-4北海あぶりやき運河倉庫

電話 0134-25-8810

事業内容・業種: 飲食

上場先: 未上場

従業員数: 50人未満



ウィキペディアによると、館は1936年5月に喫茶店として創業。小樽の4店舗のほか、札幌5店舗、函館2店舗、余市1店舗の12店舗を構えていた。

かつては、テレビのコマーシャルで「♪ん〜やかたのケーキ」というキャッチフレーズ・宣伝文句のよく流れていたため、知名度も高かった。

2013年5月7日にに全店舗の事業を停止し、6月19日に札幌地裁から破産手続開始決定を受けていた。



「〇〇経済新聞」は、全国展開しているネット専業のニュースサイト。
「〇〇」に札幌や福岡・香港などの地名が入る。
東京都渋谷区恵比寿にある株式会社花形商品研究所が運営している。

小樽経済新聞は、昨年2012年できたようです。

北海道内は、いまのところ札幌経済新聞と小樽経済新聞の2つがあります。

(了)

※記事の誤りや誤字脱字などは、コメント欄あるいは下記メールアドレスにてお知らせください。
※情報などは ⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。お待ちしています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村



posted by びとう さとし at 19:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。