2013年12月24日

放送法に抵触か北海道放送(HBC)  佐藤のりゆきさん知事選に向け「勝手連」がホテルで気勢




北海道放送(HBC)の局アナ(放送局付きアナウンサー)からフリーになった、佐藤のりゆきさんが2015年春の北海道知事選に出馬を考えているようだ。

23日に札幌市内のホテルで、自称「勝手連」による決起集会があったようだ。

放送タレントが知事選に出ようが出まいがどうでもいいが、そこに放送局が加担するのは良くない。
日本の放送法的にも、まずい。

放送法の第1章(目的)第1条第2項には、<放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。>とある。

HBCラジオの土曜日の半日ほどは、佐藤のりゆきさんの番組を放送している。

政治的な中立に反する放送といえる。

HBCはしらを切って、番組を続けるのだろうか。

道は3つ。
1 番組を止める。
2 佐藤のりゆきさんが選挙に出ないことを明言する。
3 「HBCはブラック放送局」と北海道民に認識される。

以上の3つくらいしか選択肢はない。


STVに出演している人物が、札幌市長選の候補(予定)者の集会で司会を務めたことがある。
放送法には抵触しないが、放送局としての中立性からすると疑義がある。

論評として政治家に注文をつけるのはよいだろうが、マスメディアがプレイヤーになってはいけない。

大阪府知事はじめ、さまざまな場面で放送タレントや局アナ出身者が首長や国会議員になっているのも事実。

猪瀬直樹さんもタレント政治家(作家)だが、430万以上の票を集めて東京都知事になったことは背筋が寒くなっても覚えておく方がいい。
有権者にも、責任はあるだろう。

(了)

※記事の誤りや誤字脱字などは、コメント欄あるいは下記メールアドレスにてお知らせください。
※情報などは ⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。お待ちしています。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村



posted by びとう さとし at 19:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。