2015年05月27日

UHBが30日に銭函の飲酒ひき逃げ事件のドキュメント番組「いのちの重さを問う」

 
UHB(北海道文化放送)は30日(土)午後1時から、ドキュメンタリー番組「いのちの重さを問う〜検察を動かした7万人署名」を放映する。55分番組。

昨年2014年7月、小樽市銭函で海水浴帰りの4人の女性が死傷する飲酒ひき逃げ事件を取り上げる。
札幌地裁は当初、「危険運転致死傷罪」ではなく、刑罰の軽い「過失運転致死傷罪」で車を運転していた男性を起訴した。この判断に異議を訴えたのが、大切な娘を失った被害者の遺族。

12時間ものあいだ飲酒を続け4人をはねた男性に対する罪状がなぜ「危険運転致死傷罪」ではなかったのか? そもそも「危険運転致死傷罪」は「被害者心情」を考慮して生まれたはずだったのでは…。

番組では検察を動かすため立ち上がった原野和則さんたち遺族やそれを支えた千葉県の井上さん夫妻、江別市の高石さんの姿を通して、飲酒運転の罪と失われた命の重さを問う。

◆UHB>番組告知「いのちの重さを問う」
http://uhb.jp/program/inochinoomosa/



事故現場では、05月25日から延長550メートルにわたってガードレールを設置して幅1・5メートルの歩行スペースを確保する工事が始まった。

(了)


posted by びとう さとし at 20:21| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。