2015年06月03日

【世襲4代目は「次女の夫」が有力   町村信孝さん死去に伴う補欠選】


北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

前衆院議長の町村信孝(享年70歳)の死去に伴う衆議院北海道5区(札幌市厚別区、石狩管内)の補欠選挙。後継者選びは各メディアの報道によると、信孝さんの次女の夫・和田義明さん(43歳)が有力になっている。
勤めていた三菱商事を2014年12月に退社し、町村札幌事務所の私設秘書となり、ことし5月から札幌事務所の副所長を務めている。
自民党北海道5区支部幹部らが2日、今後の対応を協議した。同支部の内海英徳幹事が記者団に対して、後継者は和田さんで調整していると明らかにした

自民党安倍政権は、世襲議員だらけ。
民主的な公募による候補者選びという発想はないようだ。
硬直化した自民党からは、世襲政治に対する批判は出てこないのか。菅義偉 (すが・よしひで)官房長官はかつて世襲政治を批判していたが、そんな空気は一掃されているのか。。

2人の祖父が政治家(ひとりは貴族議員)で、信孝さんは「世襲3世」。
信孝さん自身は「世襲はしない」と言っていた時期もあるが、政権が自民党に戻り世襲議員に対する風当たりもひと頃ほどではない。

得票を増やすには「町村」姓の方が有利だから、町村義明さんと先取りして書いた方がいいのかもしれない。
「弔(とむら)い合戦」には、日本人(海外は知らないが)は、めっぽう弱い。

世襲政治は、民主主義のためにはよくないことだけは確認しておきたい。
政治家を「家業」にするような社会は、おしまいだ。



補欠選挙は10月25日(日)が有力。
「03月16日から09月15日までに補欠選挙を行う事由が生じた場合」は、その直後の10月第4日曜日に投票することになっている。
今年にあてはめると、10月25日(日)となる。



故町村信孝さんの自民党・町村家合同葬が05日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で執り行われる。
葬儀委員長は安倍晋三首相(自民党総裁)。通夜は04日午後6時から同所で。
東京の自宅は、東京都目黒区東が丘1の28の13。

(了)



posted by びとう さとし at 12:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 石狩管内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。