2015年06月04日

【園芸種はドイツが多く、ニホンスズランは少ないそうです】


北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

スズランが花開き、姿や香りを楽しませてくれる季節です。
北海道で「すずらん(鈴蘭)」を町(自治体)の花にしているのは、札幌市のほかにも、日本最大の野生群生地(約15ヘクタール)がある平取町、恵庭市・砂川市・美瑛町・幕別町・音更町があります。

スズランにも種類があり、園芸市など売っているスズランはたいていドイツスズランで、ニホンスズランはまずないそうです。

ドイツスズランは芳香が強く、葉が幅広くて、花は葉から突き出て咲き、丸い釣り鐘型をしています。

一方、日本在来種のニホンスズランは芳香が弱く、葉は細めで、花は葉から下に咲き、やや平らな釣り鐘型をしているのが特徴と言います。

すぐにわかる見分け方は、花の中を見ることです。
ニホンスズランは白いままですが、ドイツスズランは白い中に雄しべが赤色になっているので見分けがつきます。

JR北海道には、「すずらん」という列車があります。ヘッドマークにもスズランがデザインされています。上の見分け方からいくと、ドイツスズランのように見えます



野生のスズランはとても減っているので、大切にしたいですね。
ニホンスズランの群生地は札幌には手稲区の富岡西公園の1か所しかないそうです。

◆札幌市HP>「富岡西公園」
http://www.city.sapporo.jp/teine/dobokubu/kouennryokuka/tomiokanisikouenn.html


(了)



posted by びとう さとし at 09:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 道産よろ/MADE in Hokkaido | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。