2015年06月08日

【くすみ書房が「琴似に新発想の本屋を作ります」プロジェクト 本屋のない市町村のことも考える】


北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

札幌市西区琴似にあった書店「くすみ書房」は、ホームページによると市営地下鉄東西線の延長で琴似駅が終着駅でなくなったための「人通りの減少に堪えきれず」、2009年に厚別区大谷地の商業施設「キャポ大谷地」へと移転しました。
琴似のときは、個人的には「現代教養文庫」の棚が好きでした。

「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」などで全国的にも知られたくすみ書房が、琴似に帰ってきて新しい本屋を開くと言います。年内にも開店したい意向です。
くすみ書房のホームページには「わくわくするような本屋」の内容がわんさか書かれています。

琴似本屋会議を開く、公開タウンミーディング的な会議を開くなど、「日本で初めての試みにチャレンジする本屋」を目指して、とても意欲的です。

関連記事◆【くすみ書房が破産/管財人は桶谷和人弁護士   琴似での新書店計画もご破算に】
http://sapporoken-nnews.seesaa.net/article/421763039.html

◆くすみ書房HP
http://www.kusumishobou.jp/index.html



本が売れない時代にあって、町の本屋さんは苦しい経営が続きます。

くすみ書房によると、2013年には北海道から48件の街の本屋が消えていきました。
北海道の約60の市町村には現在、本屋がないといいます。

メディアでも取り上げられている日高管内浦河町の「六畳書房」にも、くすみ書房が協力していたようです。

書店組合の一覧を見ると、札幌でも町の本屋さんは数えるほどしかなくなっているようです。(私が子どものときからお世話になった北24条の東京堂書店には頑張ってほしいものです)。

全国的にみると書店数は、2003年には1万9412店だったのが2011年には1万3603店へと3割減っています。「外商のみ」を含めた数字です。
実店舗数でみると1万3661店(2003年)が1万1206店(2011店)に減っています。(書店数は日版経営相談センター、実店舗数は日本出版インフラセンター調べ)

(了)




posted by びとう さとし at 09:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。