2015年06月15日

【美唄市の有権者は世襲政治にイエス!   共産党が親子立候補した市議選開票結果】

クリックお願いします!

北海道 ブログランキングへ

北海道札幌市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

共産党が世襲政治さながらに親子で候補者を出した北海道の美唄市議会議員選挙は6月14日(日)、投開票があった。
投票率は63・63%(前回67・15%)

定数14人に対して、15人の候補者が立候補した。
14人が当選し、1人が落選する選挙。

共産党の吉岡文子さん・吉岡けんじろうさん親子は、ともに当選した。

けんじろうさんは781票で10位、文子さんは588票で13位で当選した(端数<按分>切り捨て)。
トップ当選は、1453票の川上みきさん。

前回、2011年の市議選では共産の獲得議席は1つだったので、1増となった。
もっとも、前回選挙では次点だった長谷川吉春さんが繰り上げ当選しているので、今回の選挙前の現有議席は2議席だった。



親子立候補という「世襲政治」への有権者の批判はあったのか、なかったのか。

前回の市議選では、吉岡文子さんが725票、はせがわ吉春さんが449票、合わせて1174票。

今回の市議選では、吉岡けんじろうさん781票、吉岡文子さん588票、合わせて1369票。

投票率が前回より下がった中で、共産党は前回の票に約200票上積みしている。

結論。世襲批判はなかった。

◆美唄市HP>市議選「投開票速報」
http://www.city.bibai.hokkaido.jp/senkyo/h27shigi/

関連◆【共産党が美唄市議選で親子の候補   世襲政治との批判は党内にはないのか】
http://sapporoken-nnews.seesaa.net/article/420486863.html

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html



posted by びとう さとし at 10:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 空知管内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。