2015年06月22日

【三岸好太郎美術館が7月1日から開館記念週間】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ
 
【7月1日から無料開放など開館記念週間     三岸好太郎美術館】
【所蔵品第2期展示「その時ミギシは動いた」  6月27日から】

31歳で夭折(ようせつ)した三岸好太郎の命日に当たる7月01日は北海道立三岸好太郎美術館の開館記念日。
7月01日(水)は、観覧料無料で入館できる。04日(土)までの4日間は開館記念週間として開館を祝う。開館は1967年(昭和42年)。

04日(土)は、北海道立文学館の苫名直子主任学芸員が「三岸の詩を楽しむ」と題して講演する。午後2時から。40席。

02日(木)は、三岸の作品「花ト蝶」をモチーフとした美術館オリジナルのお菓子を観覧者先着100人にプレゼントする。提供は文明堂銀座店北海道支社。

03日(金)は、ギャラリー・ツアーを開催する。
6月27日(土)から始まる所蔵品第2期展示「その時ミギシは動いた―前進!前進!の31年」の展示作品群を美術館の学芸員が解説する。午前10時30分から。



「その時ミギシは動いた」は、8月23日(日)まで。
作品解説を毎日午後1時から午後3時まで開催している。ただし祝日と、イベント開催日を除く。

三岸好太郎美術館は、中央区北2条西15丁目の知事公館庭の一隅にある(北東角)。
開館時間は午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)。
休館日は、月曜日(7月20日は開館。翌21日は休館)。
※開催告知のチラシ(ポスター)は、「7/21」が月曜日(本当は火曜日)と間違っているので注意。

観覧料(当日)は、一般510円、高校・大学生250円(高校生は土曜日無料。除く年1回の特別展)。中学生以下、65歳以上、障害者手帳所持者は無料。

◆北海道HP>「北海道立三岸好太郎美術館」
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-mikmu/
◆同HP>「三岸好太郎の画業」
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mkb/gagyou.htm

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店



posted by びとう さとし at 09:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。