2015年06月23日

【1万人以上の北海道の若者が国家に殺された沖縄戦   きょう慰霊の日・糸満市で戦没者追悼式】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

【1万人以上の北海道の若者が国家に殺された沖縄戦   きょう慰霊の日・糸満市で戦没者追悼式】

きょう6月23日(火)は、太平洋戦争で唯一地上戦があった沖縄戦が終わった日とされています。ただ、それは「公式」の戦いの終わりで、さらに戦いを続けた日本軍の兵士たちもいたといいます。

沖縄県南部の糸満市摩文仁(いとまんし・まぶに)にある平和祈念公園の「平和の礎(いしじ)」には、沖縄戦で亡くなった民間人やアメリカ兵を含む犠牲者の名が刻まれています。
沖縄戦では、沖縄県民の4人に1人が亡くなったと言われています。

わたしのおじ美藤明さんの名前も刻まれています。
命日は、6月23日とされていますが、実際のところは分かりません。

北海道の若者が、沖縄戦で1万人以上亡くなったのは、安倍晋三内閣によって平和憲法が踏みにじられようとしている現在、平和を考える時に知っておきたいことです。
札幌の中島公園そばにある札幌護国神社に、その1万人の名前を刻んだ碑があります。
(以前は藻岩山のふもとに碑があったが、特定の宗教法人に護国神社に碑があるのは「宗教の自由」からして大いに疑問がある。しかも「護国」神社)

沖縄は戦後70年を迎えた今日も、米国軍基地が集中して虐げられています。
沖縄から、平和な世界を目指したいものです。



戦後70年沖縄全戦没者追悼式はきょう23日(火)午前11時50分から、糸満市の平和記念公園で開催され、戦没者を悼み、世界の恒久平和を願う。
米国のキャロライン・ケネディ駐日大使も昨年に続き出席の予定。

追悼式の前に午前9時から「平和祈願慰霊大行進」がある。
「平和の尊さを語り継いで行くため、南部の激戦地を慰霊し平和行進を行う。」を目的に、糸満市役所から平和記念公園までを行進する。

◆沖縄県HP>「戦後70年沖縄全戦没者追悼式の開催について」
http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/heiwadanjo/engo/event/zensenbotushatoushiki.html

◆(沖縄)県営平和祈念公園>「平和の礎(いしじ)」
http://kouen.heiwa-irei-okinawa.jp/shisetsu-ishigi.html

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店



posted by びとう さとし at 08:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。