2015年06月28日

【札幌支部の開幕試合は札幌丘珠が快勝   第2試合は光星が逆転コールド】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ


IMG_1755.JPG
【写真説明=試合唯一といえるピンチでタイムを取る札幌丘珠高校】

【札幌支部の開幕試合は札幌丘珠が快勝   第2試合は光星が逆転コールド】

今年で100年を迎える高校野球。

南北海道代表をめざす札幌支部予選は28日(日)に開幕した。

開幕試合は、札幌丘珠と札幌清田の対戦。
丘珠が、5対0で快勝した。

丘珠のエースのサウスポー廣岡雄介投手が、札幌清田打線を完封した。

丘珠は、小刻みに加点した。2回に先制して、4回に2点目を、終盤の7、8、、9回にも1点を加えて、5対0で清田を破った。

札幌丘珠にとっては、理想的な「絵に描いたような」試合となった。

2回、一死から越智裕也左翼手がセンター前にヒット。内野ゴロの間に、先制のホームを踏む。

花香樹遊撃手は、4回のトップバッターでレフトオーバーの2塁打を放ち、2点目の得点を挙げた。
花香選手は、九回1死三塁の場面では、三塁線に絶妙のスクイズバントを決めて、ダメ押しの5点目を加えた。
スクイズは、三塁手がラインを見て、ファウルに切れるのを待ったが、ボールは切れることなく三塁ベースに当たっての内野安打となった。

引き締まったゲームだった。
丘珠の左腕・廣岡と清田・右腕の高瀬の投げ合いでゲームは進んだ。清田は六回からエースナンバー「1」をつけた石岡圭悟投手がリリーフした。

4回までに、丘珠が2点をリードしたが、中盤までどちらに勝利の女神がほほ笑むかわからない試合だった。

強いて言えば、守備力の違いが試合結果に結びついたともいえる。
中盤以降の清田の守備は乱れた。
一方、先制をして4回にも加点した丘珠は、優位に立って守備でもそつがなかった。

締まったゲームを反映するかのように、1試合でタイムは(守備・攻撃とも)3回取れるのだが、丘珠が守備のタイムを1度取っただけで、清田はタイムを取らなかった。攻撃のタイムは双方ゼロ。
その点からしても、引き締まったゲームだったと言える。

結果として5対0になったが、点差ほどの地力の差はなかったと思える。
清田の試合運びで、残念だったのはタイムリーエラーをはじめ、守備に乱れがあって、投手を支えられなかったところ。

丘珠の次の相手は、北海高校。
私の母校でもある丘珠には、大物食いをしてもらいたいと思う。
結果はどうあれ、気持ちでは負けないナイスゲームを期待する。



関係ないが、現役の野球部の後輩に聞いたところ、監督の金子磨志(49歳)さんは、日本史・世界史を教えているという。部長の村上謙二さんは、体育の担任と言う。村上さんは40代前半らしい。

きょうの試合は、指導教員(監督・部長)にとっては、背中がぞくぞくするような、素晴らしい試合だったと思う。

この勢いで、春の覇者・北海に激突してほしい。

♪「お〜〜、われらここに学ばん丘珠高校〜〜〜」(丘珠高校校歌より)

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店



posted by びとう さとし at 22:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。