2015年06月29日

【STVの室田智美さんが「ラジオ」を卒業   40代半ばで新米報道記者に/抜群の取材力は他局には手強い】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

【STVの室田智美さんが「ラジオ」を卒業   40代半ばで新米報道記者に/抜群の取材力は他局には手強い】
【「リクエストプラザ」の新進行役は奈良愛美さん(月〜水)と片山雅子さん(木・金)】

<追記・注意>
読者の方から、6月27日(土)の「韓国の音楽が熱い!」の放送で、<本人が「・・・・番組を製作しながらおしゃべりするという現場を私は離れることになりました。報道記者に配属なんですよ。・・・」と言っておられました>との情報をいただきました。
STVは、STVラジオを子会社にしています。「9時です!リクエストプラザ」の29日(月)放送では、室田さんは「STVを離れて」と話していました。ここでの「STV」は、STVラジオを意味した可能性があります。私の注意不足だったかもしれません。すいません。
よって、STV本社(親会社)の人事で、報道記者になるというのが真相なのかもしれません。
ということは将来の経営陣へ向けての王道教育ってことになるのでしょうか。

STVでは、室田智美さんと同期の佐々木律(女性)がアナウンサー職から報道記者になった例があります。佐々木さんは現在、ウィキペディアによると報道部長のようです。
アナウンサー出身のSTV役員には、専務を務めた笹原嘉弘さん(故人)がいらっしゃいました。蛇足ながら、笹原さんは「ササッパラ」の愛称で親しまれ、日曜昼からのラジオ番組「サンデージャンボスペシャル」や日本テレビ系列の番組「ズームイン!朝」で、北海道の初代キャスターなどを担当した方です。

読者の方からの情報は信頼性が高いと判断しますが、私が直接聞いたわけではないので、もう少し情報を集めます。
よって、この記事の見だしの前半「突然決まった?室田智美さんのSTV退社」を「突然決まった?室田智美さんのSTVラジオ退社」に改めます。 ×STV退社 ⇒ 〇STVラジオ退社

<さらに追記・おわび>
きょう1日の巻山晃さんが担当(月〜水)の番組の中で、室田さんが報道記者になると、おっしゃっていました。確認が遅れて、すいません。おわびします。

読者の方の情報は信頼性が高いとしていましたが、確認が取れましたので、見だしを全面的に改めます。

前の見出し。
【突然決まった?室田智美さんのSTV退社  「韓国の音楽が熱い!」は「最終回」のないまま番組終了】
新しい見出し。
【STVの室田智美さんが「ラジオ」を卒業   40代半ばで新米報道記者に/抜群の取材力は他局には手強い】

◆STVラジオHP>「9時です!リクエストプラザ」>「ひとりごと」(「思い出がいっぱい。」<6月30日>)
http://www.stv.ne.jp/radio/rikupura/tomomi/index.html



STVラジオの室田智美さんは、「STV」を退社するようだ。

最終週となった月曜日29日の放送で、室田さんは「STVを離れて」と表現した。

フリーランサーになって、STVの番組を担当する可能性はないようだ。

STVのホームページに、「番組およびパーソナリティ変更のお知らせ」が出ている。

韓国の文化や音楽に造詣の深い室田さんが担当する土曜夜の番組「韓国の音楽が熱い!」は<6月27日を持って番組終了とさせていただきました。>とある。
※「持って」は、正しくは「もって(以て)」。

番組が終了するときは、最終回を宣言して華々しく幕を引くのがふつうの番組の終わり方だと思う。
ということは、番組終了は突然決まったと読める。ということは、室田さんのSTV退社は、突然に決まったと言えそうだ。

円満退社なのか。どうなのだろう。
室田さんはバランス感覚の良い、心配りの出来る常識人だと思うから、円満退社な気もするが。

※テレビ朝日の局アナを務めていて、退社前日に辞職願を出している社会常識のない人もいた。
その人は、いま国会にいる(愕然<がくぜん>)。東京都選挙区選出の丸川珠代参議院議員(自民党)だ。

◆STV(札幌テレビ放送)HP>「番組およびパーソナリティ変更のお知らせ」
http://www.stv.ne.jp/radio/rtopics/index.html?idno=20150629102655



「9時です!リクエストプラザ」の新パーソナリティ(司会進行役)についても、同じ「お知らせ」の中で発表されている。

月曜日〜水曜日の担当が、奈良愛美さん。
木曜日・金曜日の担当が、片山雅子さん。

御二方とも、STVの局アナを経て、フリーアナウンサー。
奈良さんは現在、土曜朝6時からの「奈良まなみのオハヨー!土曜日」を担当している。
片山さんは、ラジオ出演者(パーソナリティ)一覧に名前がないので、STVに復帰することになる。


◆STVHP>「奈良愛美(さん)」
http://www.stv.ne.jp/radio/personality/profile/index.html?idno=20101020094411

◆「片山雅子(さん)」とは?(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B1%B1%E9%9B%85%E5%AD%90

関連記事◆【STVの室田智美さんが「リクプラ」を7月3日(金)で降板  1997年から18年間担当】
http://sapporoken-nnews.seesaa.net/article/421320910.html

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店

posted by びとう さとし at 12:00| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国の歌の番組の最後で、本人が「・・・・番組を製作しながらおしゃべりするという現場を私は離れることになりました。報道記者に配属なんですよ。・・・」と言っておられましたので、多分STVを退社するのではなく、「STVラジオ」を離れるということではないでしょうか。
Posted by at 2015年06月29日 19:12
情報ありがとうございます。

<報道記者に配属なんですよ。>と言ったのでしたら、おそらく「STV」を離れることにはなりませんね。
「韓国の音楽は熱い!」で室田さんがおっしゃったという言葉は、信頼できる情報ですね。

私はきのう29日の段階で「STVを離れて」と聞きました。

ということは、子会社のSTVラジオを辞めて、親会社のSTVで報道記者をするってことになりますか。
Posted by びとう さとし at 2015年06月30日 04:16
長年の朝の爽やかな声がもう。聞けなく成るのは。とても。残念で心が痛いです。STVは。ラジオ部門を切りなはし。分社化したらしいと聞きます。
その影響でない。事を願うばかりです。

彼女自身が決めた事なら。私は。応援しますけどただの。首切りでは。悲しいです。彼女がSTVに。貢献した事を私は高く。評価します。故*岩田氏も。残念だと思います。
Posted by 釈 顕正 at 2015年07月23日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。