2015年07月06日

【おたるドリームビーチに関連して   北海道から回答】

クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

北海道札幌市 ブログランキングへ

【おたるドリームビーチに関連して   北海道から回答】

美藤 聡 様

日頃より北海道行政にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
美藤様よりご照会のありました件につきまして、関係部局の回答を
取りまとめましたのでご連絡します。
また、回答が遅くなりましたことをお詫びいたします。

【環境生活部回答】
○「海水浴場」について
 海水浴場の法律上の定義ですが、法律や道条例では「海水浴場」の定義はありませんが、道では海水浴場の利用者の安全確保を図るために、昭和49年に「海水浴場の管理運営に関する指導要綱」を定めており、この要綱において、海水浴場について「一定の管理のもとに一定期間公衆の水浴又は遊泳を目的に供される特定の海面及び付属地」と定義しています。
 また、海水浴場の開設に係る認可についてですが、法律等で定義や規制がないことから、開設に当たって許可や認可などの手続はありません。
 道では、指導要綱により、海水浴場の開設者に対し、任意で開設届を提出いただいており、これらの情報を道ホームページで公開しています。

【後志総合振興局回答】
○海の家の占用している場所について 
 国土交通省所管の国有地(国有海浜地)であり、国有財産法及び施行令により、法定受託事務として北海道(都道府県)が管理することとなっています。

○公有水面について
 海岸法第7条の占用は、「公共海岸の土地に限る。」と規定されているため、占用には土地ではない公有水面は含まれません。

※海岸法第七条第一項
「海岸管理者以外の者が海岸保全区域(公共海岸の土地に限る。)内において、海岸保全施設以外の施設又は工作物(以下次条、第九条及び第十二条において「他の施設等」という。)を設けて当該海岸保全区域を占用しようとするときは、主務省令で定めるところにより、海岸管理者の許可を受けなけばならない。」

(参考)
・当該国有地(国有海浜地)は海岸保全区域に指定。海岸管理者は北海道知事。
※ 海岸法第五条第一項
「海岸保全区域の管理は、当該海岸保全区域の存する地域を統括する都道府県知事が行うものとする。」
 
***********************************************
北海道総合政策部知事室道政相談センター
(後略)

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店



posted by びとう さとし at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。