2015年06月17日

【はぐらかしに思える小樽市議会事務局のゼロ回答   いつまでも「実験」のネット中継】

クリックお願いします!

北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

 
【はぐらかしに思える小樽市議会事務局のゼロ回答   いつまでも「実験」のネット中継】

<小樽市市議会事務局へ議会のネット中継についてメールで質問をしてみた>
小樽市議会事務局 担当者様

お仕事お疲れさまです。

議会のインターネット中継の運営方法に疑問を持っていますので、少しお聞きします。ご回答ください。

1)「実験サイト」となっていますが、インターネット中継はいつから始めたのですか。「実験」が意味するところは何ですか。いつまで「実験」しているつもりなのですか。
<議員の手造りのHPのため、>と言い訳がましいことが書かれていますが、議員主体でなく、議会事務局主体でインターネット中継する意思はないのかどうかお聞きしたい。

2)
<広告を非表示にするには月額9,800円の費用がかかります。費用が捻出できましたら非表示としますのでご理解願います。>

インターネット中継は、優先順位が高い費目です。それを費用が捻出できないと広告入りのままにしているのは、有権者への情報の公開に消極的な姿勢と受け取れますがいかがですか。

3)現在は、本会議の中継だけですが、千葉県の流山市議会のように各常任委員会・特別委員会をネット中継してこそ、情報の透明性を高めることにつながると考えます。
各委員会は、音声では記録しているので、映像(動画)による記録をしても、それほど予算が増えるとも思えません。
各委員会のネット中継への実現へのご見解を教えていただきたいです。

以上、よろしくお願いいたします。

+++++++++++++++++++++++
美藤聡(びとう・さとし)
(後略)



<議会事務局の回答は、正面からのものとは思えずはぐらかしたような印象を受けるものだった。もっと誠実でもいいのでないか>

美藤 聡 様

御質問の件で以下のとおり回答いたします。

1 インターネット中継につきましては、議員の発案により、各議員から構成されるインターネット研究会によって検討され、市民に広く議会の内容を知っていただくべく、市の財政状況を考慮し、当分の間、自ら機器等もそろえながら、引き続き実験を行っていくこととしています。

2 議会の活動につきましては、現在、市内全世帯に配布している広報誌「おたる議会だより」により市民の皆様に広くお知らせしているところでありますが、昨今の高速通信環境の普及によりインターネットを活用した議会中継もひとつの広報媒体となるのではと考えております。しかしながら、市の財政状況は依然として余裕のある状況とはいえませんので、引き続き議員主体で実験を重ねて参りたいと考えております。

3 インターネット研究会で検討を行っておりますが、委員会中継は、本会議よりも実施には課題が多いと認識しておりますので、まずは、本会議中継を継続実験して参りたいと思います。

*+*+*+*+*+*+*
小樽市議会事務局
(後略)

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html



posted by びとう さとし at 09:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

【北照は岩内・倶知安農業の勝者と対戦/潮陵は別ブロック   夏の高校野球・小樽支部の組み合わせ】

IMG_1636-2.jpg

クリックお願いします!

北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

【北照は岩内・倶知安農業の勝者と対戦/潮陵は別ブロック   夏の高校野球・南北海道大会小樽支部の組み合わせ】

第97回全国高等学校野球選手権大会南北海道大会の小樽支部予選組み合わせが16日(火)に決まった。12チーム(13校)が参加する(真狩と余市紅志は連合チーム)。試合会場は、小樽ではなく蘭越町の町営球場となる。
支部予選は30日(火)に開幕し、支部代表決定戦は7月4日(土)の予定。

12チームと、ちょっと寂しい校数となった。
なので日程がゆったり組めるため、最大でも1日2試合まで。

Aブロックは、北照−(岩内−倶知安農業)・(小樽水産−倶知安)−小樽桜陽。

Bブロックは、小樽潮陵−(寿都−小樽工業)・(蘭越−双葉)−真狩・余市紅志。

何かと大変な当番校は、小樽工業が務める。

(了)
☆メルマガでの配信を始めました。
「札幌圏ネットニュース(メルマガ版)」⇒http://www.mag2.com/m/0001660794.html

<ダミー広告>
タイガースグッズ三昧
札幌・手稲の四番館

<ダミー広告>
本に親しもう!!
札幌・北24条 大阪堂書店

posted by びとう さとし at 22:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

【ザンギ甲子園の開催球場   積極的でアイデアと笑顔があるスーパー「ベンジー花園店」】


北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

ザンギ―。かんたんに言うと、鳥の唐揚げ。北海道では、ありふれている。
しかし、アイデアを持っている人は「第1回ザンギ甲子園」という催しにした。
「写真甲子園」「俳句甲子園」のような、ネーミングを付けて成功した。
参加校と開催球場の知名度と集客力に結び付けた。

小樽市内のザンギを出すザンギ専門店や寿司店・洋食店などを集結させて、スーパーに並べて1包み400円で売り出した。試合開始から30分ですべての店舗のザンギが売り切れた。

出場した飲食店を「参加校」「21世紀枠」とこだわって、店内を1周する入場行進をしてイベント性を高めるなど細部にも工夫がみられる。

開催場所は、小樽市花園にあるスーパーマーケット「ベンジー花園店」さん。
面積は分からないが、小さなスーパーだ。

うだうだ書くより、ベンジー花園店さんのブログを楽しんで(&学んで)もらった方が早い。後日談についても書いていらっしゃいます。
店舗経営やまちづくりの成功例として、全国的にもこれから取り上げられそうだ。

STVのテレビ番組「どさんこワイド」でも取り上げられたらしい。

<参加校>(いずれも初出場)
おたる政寿司HP=http://www.masazushi.co.jp/
郷土料理おおとみ(食べログ)=http://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1006903/
みやこ鳥(食べログ)=http://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1034618/
おたる栄六HP=http://www.otaru-eiroku.com/
に志づ可HP=http://sushi-nishizuka.com/about/index.html
ザンギ専門店Ichi(FB)=https://www.facebook.com/zangi.ichi
たじぺい(ぐるなび)=http://r.gnavi.co.jp/hse687xw0000/
居酒屋つばめ(FB)=https://www.facebook.com/izakayatubame?ref=stream
ラ・サリータ(食べログ)=http://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1006583/
和美つぼみ(ぐるなび)=http://r.gnavi.co.jp/1d916uxz0000/
遊人庵HP=http://www.otarutajima.com/yujinan/
ベンジー花園店(ベンジー高野商事)=http://www.otaru-takano.co.jp/html/company.html
個人参加(ベンジー花園店スタッフ)


◆ユーチューブ>「150528 第1回ザンギ甲子園での選手入場 小樽市ベンジー花園店」
https://www.youtube.com/watch?v=wkIKmcIh678

◆ブログ「小樽のちょっと贅沢「ご当地スーパーマーケット」」>「第一回ザンギ甲子園開催決定!!!」
http://ameblo.jp/otaru-benji/entry-12024425903.html

(了)

posted by びとう さとし at 08:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

【デッドロック?副市長は決まらず   小樽市議会第2回定例会は18日から】


北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ
 
小樽市議会の第2回定例会は6月18日(木)に始まることになった。補正予算案や提出議案を説明する記者会見が09日にあった。

市民注目の副市長の人事は、決まらずに先延ばしされる異常事態となった。
森井秀明市長は、「候補者が複数います。選び切れていません」とかなり頓珍漢な発言をした。いつまでに副市長を決めるかは明言しなかった。
本当に候補者がいるのか怪しいものだ。

行政はチームワークの仕事だ。強い指導者としてリーダーシップを発揮するトップダウン型で行くとしても、首長の重要な補佐役となる副市長の重要性は論をまたない。

新市長は、国(中央政府)に副市長を送ってもらえないかと打診したことを明らかにしていて、就任当初は新市長の頭の中に候補者はいなかったことは間違いない。
副市長を中央政府から呼び寄せようとする発想からして、市政に対しても青写真や未来図を持たないのは、明白だ。

新市長は5月19日の臨時会説明の記者会見でこう言っている。
「外部登用ということについても、例えば国から招聘(しょうへい)をするとしても大変時間が掛かることがわかりました。いろいろな形で情報収集やアプローチなどをさせていただいておりますが、聞くと早くても3ヵ月、状況によっては半年近く調整に時間がかかるというケースもあるという状況を再認識したところです。
これらの点から、今回、3週間という期間の中ではなかなか調整がしきれなかったということです。」

ということは5月19日の時点でも候補者はいなかったことになる。

3週間も経たないうちに、少なくとも2人も候補が出てきたのが本当ならば、喜ばなければいけないが。
候補者がいるのなら、早く副市長を決めて小樽市政を動き出した方がいい。

どうも新市長はデッドロックで、にっちもさっちも行かないように見える。ゆきづまり。

小樽市の幹部職員たちはどう出るのか。評定中か。評定終了か。
選択は、ふたつにひとつしかない。
「殿」としてたてまつるのか、それとも無言の圧力をかけて市長を辞職するように仕向けるのか。
個人的には、後者の方がよいと思う。
それこそ小樽市行政は問題が山積みなのだから、新たな4年は有能な市長でなくては困る。

5者連合(自民党・公明党<創価学会>・民主党・小樽商工会議所・連合小樽)が、新たな市長選をにらんで、市長候補選びを始めても不思議ではないような小樽市行政の雲行きだ。

第2回定例会での自公民の動向が注目される。森井さんを市長選で推していた共産党はどう対応するのか。

関連◆【まずは副市長人事と情報の非対称性   小樽市政】
http://sapporoken-nnews.seesaa.net/article/419524758.html

(了)

posted by びとう さとし at 08:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

【小樽市が150人の国勢調査員を追加急募】


北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

ことし10月01日にある国勢調査。
全国的に調査票の収集などを行う調査員不足の自治体が目立っている。

札幌圏でも、小樽市や石狩市などで100人を超える調査員を募集しているが、まだ充足には至っていない。

小樽市は、5月28日に国勢調査員約200人の募集をホームページやフェイスブックなどを使って告知した。
さらに、6月01日に約150人を追加募集の告知を出した。「大変深刻な状況」と募集を呼び掛けている。

調査員の報酬は、前回実績で1調査区(40〜70世帯)で2万円〜5万円。2調査区で4万円から9万円となっている。

業務は8月中旬以降の事務説明会の出席から始まり、10月下旬の調査書類の整理および提出まで6つ程度の業務を行う。

資格は、市内に居住する20歳以上など。
応募は直接、市役所本館3階の総務部企画政策室統計グループに仮登録申込書(下のURLから印刷可能)を持参する。応募期間は、募集人数に達するまで。

<問い合わせ先>
小樽市・総務部企画政策室統計グループ
電話0134-32-4111 内線276,279,405

◆小樽市HP>「【急募】平成27年国勢調査員『約150名を追加募集』しております。」
http://www.city.otaru.lg.jp/sisei_tokei/reiki_tokei_siryo/toukei/kakusyu_tokei_chosa/kokuseichosa/kokuseichosa_h27/bosyu.html

(了)

posted by びとう さとし at 09:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

【新たに「原子力防災編」を地域防災計画に追加 新市長は「原発反対」の旗幟を示すべき】


北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ
 
小樽市は2015年度、改めて策定する小樽市地域防災計画の中に、新たに「原子力防災(対策)編」を加える。
05月26日(火)の市長記者会見で明らかになった。

ただ、新市長の「原発反対」に対する具体策はまだ見えない。
後志管内のほぼ半分の人口を占める自治体として、「原発反対」なら泊の再稼働を止める働きをしなくてはならない。
「脱原発をめざす首長会議」にも早く名を連ねるべきであろう。

小樽市より泊発電所から離れている札幌市では、すでに地域防災計画の中に「原子力災害対策編」を設けている。

記者会見で、迫俊哉総務部長(現・市教委教育部長)は「(札幌市と)同じような形になると思います。国のガイドラインでは、30キロ圏外は屋内退避という指針が示されておりますので、それに準じた形の原子力防災編を策定していく形になると思います」と説明した。

◆札幌市HP>「原子力防災計画について」
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/genshiryoku/genshiryokubousaikeikakunitsuite.html



政府(原子力規制委員会)がことし2015年04月に改定した原子力災害対策指針では、「原子力施設から概ね30km」UPZの外側の防護対策を示したのが、おもな変更のひとつになっている。

災害対策指針では、原発事故の備えて半径30キロメートル圏内の地域を防災対策の重点区域としています。
しかし、泊発電所だと小樽市や札幌市は、30キロメートル外=「緊急時防護措置を準備する区域」(UPZ)の外側、に位置します。


まず対策指針は、「緊急時においては、どの程度の規模の漏えいがどのようなタイミングで起こるかを事前に正確に把握することは困難と認識」と記している。

原子力施設から放射性物質の「大規模な放出があった場合には、重点区域以外においても放出された放射性物質の影響を回避するための予防的な緊急防護措置として屋内退避の実施が必要」となる。

放出された放射性物質が気象の影響を受けるため正確に予測することは不可能なため、「屋内退避の実施範囲は予防的に同心円を基礎として行政区域単位等の実効的な範囲で設定するべき」としている。

ここで「予測することは不可能」、「同心円的に」としているのは、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI=スピーディ)を利用しなくなった影響か。
私の読み込みが浅くて、理解が追い付かない。

「プルーム(雲)の通過に備えて追加的に屋内退避の指示が必要となるのは重点区域外の範囲となる。」
「プルームの発生時点で正確に予測することは不可能であることから、重点区域外で屋内退避を講じる範囲については、原子力規制委員会が予防的に重点区域外周辺の自治体単位で同心円的に設定するべきである」ともしている。

◆原子力規制委員会HP>「UPZ外の防護対策について」
https://www.nsr.go.jp/data/000099128.pdf

(了)

posted by びとう さとし at 08:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

【樽商と樽工をなくして新設校   18年度に道教委の公立高校配置案】


北海道 ブログランキングへ

北海道小樽市 ブログランキングへ

社会・経済(全般) ブログランキングへ

 
北海道教育委員会(柴田達夫教育長※)は2日、2016〜2018年度の公立高校配置計画案を公表した。
2018年度に小樽商業(2学級)と小樽工業(3学級)は募集停止をして、小樽工業校舎を利用して1学年4学級の新設校を設ける。
新たな学科については「検討中」。

小樽商業(緑3丁目)は、1913年(大正2年)創立。100年を超える歴史を持つ。
商業科1学級・情報処理科2学級の1学年3学級を設置している。2016年度から情報処理科は1学級の募集になる予定。
定時制課程は、2011年に募集を停止している。

小樽工業(最上1丁目)は、1939年(昭和14年)創立。
電子機械科1学級・電気科1学級・建設科1学級の1学年3学級を設置している。
定時制課程もあり、電気・建築科(コース)を設けている。

※「教育委員長」職は廃止され、代表者が「教育長」に変わっています。



小樽市内の中学卒業者数は、2015年が943人(後志学区全体では1711人)。2016年が933人(後志1685人)。
2018年には926人(後志1671人)。2022年には785人(後志1484人)と推定している。

全道では、2015年(実績)4万5958人、2016年(推計)4万5424人、2017年(推計)4万5676人、2018年(推計)4万4833人となっている。

学校配置計画案の2019年度から2022年でまでの見通しでは、後志学区は4年間で3〜4学級相当の調整が必要と、厳しい見通しが明記されている。

小樽市の人口は、ことし2015年04月末で12万4149人。
公立高校は、5校で1学年22学級ある。1学級は40人。
普通科が小樽潮陵(6学級)・小樽桜陽(6学級)の2校。
職業科が、小樽商業(3学級)・小樽工業(3学級)・小樽水産(4学級)の3校。

◆北海道教育委員会>計画案の概要
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/akd/haichikeikakuangaiyou28-30.pdf
◆北海道教育委員会>「公立高等学校配置計画案」(2015年06月)
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/akd/haichikeikakuan28-30.pdf

(了)

posted by びとう さとし at 21:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

【まずは副市長人事と情報の非対称性   小樽市政】

 
【まずは副市長人事と情報の非対称性   小樽市政】

過去3年間の小樽市議会第2回定例会(6月議会)は、いずれも第2水曜日から始まっている。
2015年に当てはめると、6月10日。

選挙のあった年だから、当初予算は骨格予算で、2定で予算に肉付けをしなくてはならない。

準備もあるだろうから、副市長人事が決める期限は5月いっぱいくらいか。
5月22日から始まった臨時会では、副市長の人事案件が先延ばしとなり、提出されなかった。

森井市長は、副市長は当面は1人のままとしており、市役所内部からの登用か外部からの登用かについては、どちらの可能性もあると発言している。

ここで、不安に思うのは、「情報の非対称性」だ。
持っている情報の質と量は同じではなく、格差があることを言う。

青写真を持っていない森井市長に対して、行政のプロの市役所職員はどう対応するのか。

選挙戦は大差での、森井さんの勝利だった。
それを踏まえつつ、市役所内部では部長級を中心にした市長の値踏みが行われているのではないか。

この市長を支えるのか、支えないのか。

「情報の非対称性」を考えると、有利な立場にあるのは市長ではなく、市役所の官僚機構だ。

具体的政策について言及のない(政策を持たない)市長の下では、市役所の官僚機構が支えることになるとしても、官僚機構の思い通りの政策に終始することになる。
市長を支えないという、選択肢もあるだろう。

副市長人事がどうなるのか。小樽市民が注目している。

(了)
posted by びとう さとし at 23:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

【第1党自民党が選ばなかった自民党議長   小樽市議会】


【第1党自民党が選ばなかった自民党議長   小樽市議会】

きのう22日の小樽市議会臨時会で、議長選挙の結果は横田さん12票・前田さん8票・無効票5票となった。

横田さんも、前田さんも自民党の議員なので不可解だった。
自・公・民にヒビでも入ったのかと思った。どういう票の見立てをしていいか分からない。

きょう23日付北海道新聞によると、自民党会派は議長候補に前田さんを選んでいた。それで合点がいく。

自民党7と無所属1の8票が前田さんに投票したものの、公明5・民主4・新風3の12票が横田さんに投じたための椿事(ちんじ)。共産5は無効票。
(小樽市議会の定数は、今回の選挙で3議席減って25となっています)

横田(さん)票には公明と民主だけでなく、新風小樽もが会派としてまとまって自民党議員に投票したのがポイントだと思う。

自民党の議長候補を拒否した形の公明と民主だが、5者連合の一枚岩が崩れるわけではない。
共産党が出した動議の否決票と副議長選挙では新副議長・高橋さんに、いずれも17票(自民7・公明5・民主4・ほか1)を集めて連携は強固にみえる。

<小樽市議会の会派別議席数>
自民=7
共産=5
公明=5
民主=4
新風=3
無所属=1



小樽市役所のHPの更新がやけに遅い。怠慢ではないか。
臨時会も始まっているのに、市議会議員の名簿が古いまま更新されていない(表からいくと「作成中」)。

◆小樽市HP>市議会
http://www.city.otaru.lg.jp/sisei_tokei/gikai/

(了)
posted by びとう さとし at 10:29| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小樽市議会  横田議長再任・副議長に高橋さん(公明)】


小樽市議会は22日、第1回臨時会を開き、議長に横田ひさとしさん(自民)を選ぶなど議長三役を決めた。

副議長には、創価学会が母体の公明党・高橋克幸さんを選んだ。

市議選で躍進した共産党が副議長か監査役員を共産党に配分するように動議で訴えたが、採決で否決された。

新市長の森井さんのあいさつは、幹部職員に向かってあいさつした内容とかなり重複する内容で、新鮮さはなかった。
具体的な内容は、まだなし。

(了)
posted by びとう さとし at 10:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。